会費制で挙式・披露宴を挙げるなら【会費結婚.com】で会場探し

首都圏の会場を探す 東海の会場を探す 関西の会場を探す

会費のしくみ

会費制のメリット

「会費」という明確な金額がわかるので、おふたりも招くゲストも負担を抑えられることがメリット。 そして、会費×人数分が確実に予算として検討できるので、自分たちの予算に合わせて準備を進めることができます!

なぜ「会費¥15,000」なの?

会費制結婚式で一番多く設定されている「会費設定」だから。

会費制結婚式では、「¥15,000」が会費設定で一番多く設定されています。
下記のグラフは、会費設定の平均金額をまとめたもの。
ビュッフェスタイルの場合は¥10,000~15,000以内、
フルコーススタイルの場合は¥18,000~15,000以内での設定が大半を占めています。
ビュッフェ・フルコースの両方のスタイルでも、「¥15,000」は一番多く設定されており、
会費¥15,000の場合は、お料理スタイルを幅広くご検討頂けます。

そして、ご祝儀制(おおよそ¥30,000と仮定した場合)と比較すると、ゲストの負担は約半分に。
「ゲストの負担をできるだけ抑えたい」方にも人気の高い設定です。

会費設定の平均は「会費¥13,000〜¥15,000」

自己資金はどのくらいなの?

1位 20万〜30万
2位 40万〜50万
3位 会費内

アンケート調査によると、自己資金で一番多い額は20~30万、2位と3位では大きな差がある結果に。
会費を「¥15,000」に設定することで、フルコースやビュッフェ等のお料理のスタイルのご検討や
自己資金に合わせた会場選び等、幅広くご検討頂けます。

自己資金額の平均は「20万〜30万」

自己資金の金額は、パーティーに必要なアイテムやこだわりがどの程度あるかによって、変わって参ります。
それでは、自己資金について詳しく見てみましょう!

自己資金はなぜ発生するの?

パーティー総額 − 会費(15000円) ×(人数) = 自己資金額

お料理・お飲物以外に必要なアイテムを含め、どこまで会費に含めるのか、
おふたりの「こだわり」の大きさによって自己資金が変わってきます。
お料理のグレードアップ分、装花のボリュームUP・アレンジ分、
お色直しの衣装や着付けに関しての「こだわり」は、自己資金に。

まずは、各会場の担当プランナー様と「必要なアイテム」や「こだわり」をご相談しながら、
ご予算や自己資金を確認していきましょう!

新着情報

おしらせ 2016/12/13
カウンターからのお知らせ【首都圏】年末年始の休業期間※2016/12/29~2017/1/4 ※12/28は17:00までの営業となります。
おしらせ 2016/06/30
平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 【1.5次会.comウエディングカウンター東京店】 7/31(日)の営業時間はビルメンテナンスの為、12:00からとなります。 お客様へは、ご迷惑をおかけしますがご了承の程、宜しくお願い申し上げます。
おしらせ 2016/05/12
カウンターからのお知らせ【首都圏】5/22(日)社内研修の為、お休みさせて頂きます。
おしらせ 2016/04/23
カウンターからのお知らせ【首都圏】4/23(土)社内研修の為、営業時間が15:30までとなります。 つきましては、ウエディングカウンターのご予約、最終の受付時間は【14:00】となります。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承の上よろしくお願い申し上げます。
To TOP